第64回

日本アンデパンダン展

Japan Independent Art Exhibition
会 期

2011年3月16日(水)~28日(月)

午前10時-午後6時
初日は午後2時から 休館日 : 22 日 ( 火 )
金曜日は午後8時まで(最終日は午後2時閉館)
会 場

国立新美術館(六本木)

〒106-8558 東京都港区 六本木7-22-2
Tel 03-6812-9921
作品公募
搬入日:3月12日(土)、13 日(日)
午前10時30分~午後4時30分(時間厳守)

→資料請求は日本美術会まで

→出品規定pdf_1→English versionpdf_1
アンデパンダンとは、自立・独立を意味する言葉で、アンデパンダン展は自由な創作発表の場として近年改めて注目されています。
あらゆる権威から独立し、何よりも美術を創ろうとする人一人一人の創造性、個性、人間性の発揮と批判精神を大切にしています。そして出品者・鑑賞者が平等 に大きな連帯と交流の輪をつくることをめざしています。
激動と変革の時代、新しい美術創造を求めて、そんなアンデパンダン展にあなたも参加してみませんか。

「クロニクル 1947-1963|アンデパンダンの時代」-東京都現代美術館

前期:2010年10月29日(金)- 2011年1月30日(日)
後期:2011年2月26日(土)- 2011年5月8日(日)

東京都現代美術館で、戦後日本美術を見直すことを目的としたテーマ展示の一環として、日本アンデパンダン展がとりあげられます。

【出品作家】
上野誠、内田巌、大塚睦、新海覚雄、鶴岡政男、永井潔、中村宏、山下菊二、利根山光人、藤松博、毛利武士郎、工藤哲巳、三木富雄、菊畑茂久馬、中西夏之ほか