2015年度民美本科 月曜美術講座(公開講座)第4回 西洋美術史4

クールベたちと近代リアリズム美術について(再説)

講師   北野 輝
2015年 9月14日(月)
時間:午後1時30分~4時30分
場所:民美アトリエ
参加費・民美研究生は無料。一般の方は1,080円となります。
前回は、西欧の近代リアリズムの誕生と特色を、新古典主義やロマン主義の登場後にお けるクールベ芸術の革新を中心にして、限られた時間の中で話しました。しかし講義内容 は、リアリズムにつよい関心を寄せているらしい受講生の皆さんの十分な理解と納得を得 られなかったようです。それで今回は、質疑応答やディスカッションをも交えて、クール ベたちと近代リアリズム美術について問題点を点検しながらアプローチしてみようと考え ています。(前回配布した資料を持参して下さい)
 ※ 画像クリックで拡大
Gustave Courbet1
クールベ「画家のアトリエ」(部分)
Daumier1
ドーミエ 「トランスノナン街1834年4月15日」
Millet1
ミレー「落ち穂拾い」
 
◆ 略歴 
1936年 東京生(福島県育ち)。
1966年 東京芸術大学大学院修士課程修了美学専攻。
1967年〜2002年 大分大学、大阪教育大学、和歌山大学教員。
日本美術会会員。