2016年度民美本科 月曜講座(公開講座)第1&2回

『美と学び=その理論と実践=』

講師   籔内 好 (タカシ)(日本美術会会員)
2016年  5月9日(月)     &    6月13日(月)
時間:午後1時30分~4時30分
場所:民美アトリエ
参加費・民美研究生は無料。一般の方は1,080円となります。
第1回「美と学びの課題を探る =芸術心理学から美の学びへ=」
マルクスの有名な「ギリシャ叙事詩やシェークスピアの悲劇が今日もなお私たちに芸術的享受を与え続ける」美の原因をどう探るのか、理論と作品分析、鑑賞で迫ります。次回は『美を学ぶ実践』抽象画を自由に描くワークショップです。
ヴィゴッキーは「美意識が常に自ら(芸術)とは異なる使命を持って認識、感情、道徳的意志を教育するための手段•方法」とされ、今までの芸術論は「著しくその解決を妨げる役割を果たしてきた」と批判し、科学的な論考を展開しています。
「誰もがシェークスピアの悲劇やベートーベンの交響曲の協力者(鑑賞者)となることを可能にする創造的能力は、誰にもシェークスピアやベートーベンとなる可能性があることを明瞭に示している」と、それはすべての人への信頼です。
第2回「美を学ぶ実践〈Ⅰ〉  =抽象画を自由に描く(ワーク•ショップ)=」
•ピカソやシケイロスたちが絶賛した「メキシコの児童画」を指導した、北川民次は「私は10才までの子どもの絵は指導しない」と言う。人間の発達
•成長における「10才の壁」を受講のみなさんは、乗り越えてこられたでしょうか。今の子どもたちに、その条件は保障されているのか。
•思春期からの表現には、抽象が実に相性がいいのをご存知でしょうか。作品を制作する体験的な学びです。《各自「水彩用具のセット」をご用意ください!紙は用意します(実費)
•抽象画表現の代表者たち、クレー、カンディンスキー、モンドリアンから学び,描いた各自の作品を鑑賞します。 (第一回の日本美術史の続きも予定)
 ※ 画像クリックで拡大
講師略歴
•京都市中京生れ 
•‘72金沢美工大日本画卒 〜08千葉県美術教員
•05〜10放送大大学院修了 
•05〜14千葉大講師 
•10〜全国教研共同研究者