韓国・加平での「Jaraisland baggat art exhibition」に参加して会員が参加した国際展

2009年1月2日から10日まで制作とシンポジウムが韓国・加平(カッピョン)で開催された。

1999年52回日本アンデパンダン展で資料展示とレクチャーで紹介した BAGGATART(場外美術)の28回展が、ソウルから春川(チュンチョン)の手前の街カピョンの中島(川の中州のような島)で、海外から日本人の美術 家4人が参加して、総勢26名の制作、合宿は車がついたログハウスのようなもので、もちろんオンドル形式の床暖房。そうでなくては寒すぎて眠れない。夜中 は零下10℃を越えて、川も凍結する。防寒対策はして行ったものの厳しい寒さ。しかし制作中は太陽が昇って、制作に支障はなかった。隣の遠方に見える島が チュンチョンの「冬ソナ」のロケ地として有名な「ナミソン」で、ヨン様とチェジウがデートしたところで、日本の観光客がドット押しかけて、ブレイクした場 所だった。多分こうした事の影響で、何も無いピュアな島で開催されてきたBAGGATARTの野外美術展が、新市長のもと加平市からもサポートを受け、国 際展への道に今展から進みはじめたのだろうと推測された。

ポプラの大木が中央に十数本立つばかりの、後は低木とススキなどの島は、特に 真冬にはたまに釣り人と会うくらいで、アーチストが孤独に制作するだけの静寂とした地だった。時折、地球の声のような不思議な音がするのが、聞き覚えの無 い神秘的なもので、どうやら凍結した川の氷が動くことによって奏でる音らしい事がわかった。

Baggatのメンバーは口々に宿舎や食事など便利になったが、前の何もなかっ た島の素晴らしさをそれぞれに語っていた。観光開発に向うことと、自然のピュアな心との葛藤が起きているらしいことをなんとなく感じ取った。しかしその影 響で色々なサポートもあり、国際化への方向が、BaggatArtにも見えてきているわけであった。

しかしとても暖かい韓国アーチストのサポートもあって、作品の制作は進み、無 事10日のオープニングを向えたのだった。

(文責・木村勝明)
※画像をクリックすると大きく 表示されます。