International Openair Expressions 2004 Hiki Exhibition会員が参加した国際展

国際野外の表現展2004比企

比企丘陵は坂東武者を育んだ歴史的な地である。今回3回目の開催。東京電気大学理工学部が協力している。 しかし情報社会学科が当初から積極的にサポートし、今回に至った経過がある。理工系大学がこうした野外アートイベントをバックアップする形は 世界的に見ても初めてではなかろうか?オルガナイザーは地元に住む、事務局長の小野寺優元(造形作家)と「再会プロジェクト」の城下るり子 (今回の実行委員長・美術家)で、今回は東京電気大学鳩山キャンパスの広大な敷地で開催された。 「国立女性教育会館」のサポートで、ここに海外作家や、日本人作家は宿泊して制作した。 公開制作が9月1日~10日・会期が9月11日~10月11日まで、初日の11日には作家が鑑賞者とともに作品を徒歩で回りながら語る アーチストプレゼンテーション。オープニングレセプションパーティーが開かれた。会期中には希望者を迎えて4回のアートガイドが実施された。 滞在型の現地野外制作の本イベントは、国際交流と「人・里山・環境―アート」のサブタイトルのように、 幅広いテーマを保有したスケール大きいアートイベントで、この比企丘陵に定着しつつある。他に会期中、 「亜露麻ギャラリー」での室内展や作家のスライドショーなど研究会、「お茶会」など日本文化紹介のプログラムが行われた。

(木村勝明)
ウォンギルのプレゼン.jpg
Won-Gil(ウォンギル)さん
のプレゼン
ウォンギルの作品ディテール.jpg
ウォンギルの作品ディテール
ガーツの作品.jpg
Girts Vurbis(ガーツ)の作品
カン氏のプレゼン.jpg
Kan,Hee-jon(カン)さんのプレゼン
カン氏の作品.jpg
カンさん作品
ジェシカのプレゼン.jpg
Jessica Dixon(ジェシカ)
のプレゼン
塩野・山田組-杉の・・.jpg
塩野・小田組の芝生の広場に
作った、杉の林(作品)
黒田育未の作品に入った子.jpg
黒田育未の作品に入った子
山口謡司のプレゼン.jpg
山口謡司の作品とプレゼン
小野寺優元の作品.jpg
小野寺優元さんの作品
滝沢布沙のプレゼン.jpg
滝沢布沙のプレゼン
百瀬博之の作品.jpg
百瀬博之さんの作品
「風の休み場」
木村勝明の作品「風の休み場」

大矢りかのプレゼン

ジェシカの作品とプレゼン

高島芳幸のプレゼン