2014 日本美術会 シンポジウム

危機と美術-21世紀 美術家の創作課題pdf_1

10月12日(日) 10:00-17:00 

平和と労働センター 2F大ホール

民主的な美術運動の潮流は、今何を目指し、何を課題としているのか。 私たちのまわりに迫るあらゆる危機の中にあって、持てる知見と全ての創造力をもって、 その問いに応えるべく学び、交流を深めましょう。 参加費 1000円
日 程

10月12日(日)10:20開会(10:00受付)

<講演(映像)と討論> 10:20-15:50

「芸術の歴史的視点から」・・・・・・・10:40-11:30
中世美術を現代に再生すること
講師:上野一郎(金沢美術工芸大、ソルボンヌ大学院)

上野氏は、芸術の歴史を見ていく上で、次のように指摘します。
●過去の歴史から学んで今後の糧にすると言っても、過去は現在からみられたもので、現在の立脚点がどのようであるかによって過去の姿が変わる。また、未来も現在から発して作られて行く以外に無い。
●現在は人が過去を一応否定して、新たな時代を作り上げてきた結果である。創造とは、古い形式が歴史的な内容をもはや包みきれなくなつた時に求められる活動で、脱皮のように成長する。でもそれは、美術では単純に古い形態を捨て去ることではない。
そして、「美術の表現手段について」、「美術の形式と内容について」、「美術の自由と発展について」話はすすみ、
●今日真の歴史的創造では、どのような内容を表現するのか?ヒューマニズムを踏まえた人間観、社会観、世界観を持って、危機と標された現実を正確に深く把握することが歴史の進むべき方向=未来を見出す鍵であろう。これは新しい価値を求めること、理想を求めることとも言えるだろう。と強調し、その一助として西洋の中世美術の一端を紹介します。

2014kouza-12014kouza-2

 コーディネーター:木村勝明(インスタレーション作家)

質疑・討論 11:30-12:00

<昼休み>

「戦後美術・アンデパンダンの歴史から」・・・13:00-13:50
アンデパンダン展は3・11でどう変わったか
講師:北野輝(元和歌山大、日美理論部長)

北野輝氏は、●「戦争する国」「企業が世界一活動しやすい国」づくりを目指す強権的な安倍政権によって、日本はいま戦後民主主義最大の危機に直面している。この「危機」は日本一国のことにとどまらず、地球規模、人類史的規模である。
と警鐘をならし、危機打開の可能性、希望はどこにあるか。と問題提起し、とりわけ反原発などの運動に見られる「中核を持たない多元主義的連帯」や、日本美術会の創立宣言にある「党派流派を超えた大結集」の立場の大切さを再確認します。そして、
●日本アンデバンダン展の歴史的歩みを大局的に見て、表現の「多様性」(~1970年代)から「多元性」(1980年代~)へと転じてきた。とし、その上で、
●3.11とその後の過酷な事態は、美術の限界と可能性や表現の多面性等を垣間見せたこと、さらには、美術存立の可能性を揺さぶりつつこれまでの対応力を越えたものとして表現者の前に立ちはだかっていること、過酷な現実に対応するイメージ形成のあり方が問われたり、完成度の高い作品世界が現実や内面の実相(深層)に届ききれずに自己完結してはいないかと、問いかけます。そして、●「多元主義的連帯」を体現する展覧会として、アンデバンダン展のあり方を根本的に再検討する必要にも迫られているのではないかと指摘します。

コーディネーター:宮下泉(洋画家)

質疑・討論 13:50-14:20

休憩 14:20-14:30

「感性の変容と芸術-日本の文化芸術の現状をふまえて」・・14:30-15:20
現代美術の失敗と危機
講師:荒木國臣(椙山女学園大、元民主文学会)

荒木氏は、現代における感性の変容について、
●新自由主義と情報化社会のなかで、感性が劇的に変容している-仮想現実と現実の境界の融解と語り、真実をほんとうに見ぬくには
●1.「自分の頭で考え、意味を問う」
2.「突き放してみる」
3.「我がコトとしてみる」
4.「論理的に考える」
ことの大切さを指摘します。
そして、
「突き放し、距離を置いて。冷静に、ごまかさないで見ると、日本のなにが見えてくるか?を問うなかで、
●誰のために、なにを、どう表現するか?
として、次の諸点をあげ、現代美術の失敗と危機を語ります。
●1.「主題芸術、目的芸術を救いだす」
2.「美意識の拠点としての市民と地域内発性」
3.越境表現とコラボレーションの可能性」
4.「批判的電脳芸術の可能性」
5.「リアリズムの新しい展開」
6.批評の再構築

コーディネーター:稲井田勇二(日本画家)

休憩 15:50-16:00

<まとめの討論>16:00-16:45

(総合司会:川原康男、山口さざ子)

<懇親会>17:00-9Fアトリエにて 参加費無料

 

日本美術会事務所 ●JR御茶ノ水駅下車徒歩5分 ●東京メトロ丸の内線御茶ノ水駅下車4分 ●東京メトロ干代田線新御茶ノ水駅下車7分

 

申込み

◎下記事項を記入し、日美事務局までファックスまたは郵送してください。

◎参加費1000円は郵便振込で早めに納入をお願いします。

◎振込み確認次第参加券をお送りします。

*昼食弁当は、500円ワンコインで、お茶付き(サービス)です。

*当日の販売や申し込みはありません。

 

◆申込み・問合せ:日本美術会

〒113-0034東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター内

Tel 03-5842-5665 Fax 03-5842-5666

郵便振替 00160-7-85881 日本美術会

 


 

氏名   昼食弁当申込 有 無
住所 電話(携帯可)