メードリングにて開催された 日本現代美術展 「TARACHINE」 会員が参加した国際展
kunstraum arcade (アカデ画廊) 2005 6月11日~7月9日

ここメードリングはウイーン中心地より電車で30分くらいの距離で、古くは、ヘンデル・シューベルト・ベートーベンなどが避暑 地として夏の住みかとしたところで、広大な「ウイーンの森」の、南の入り口に位置する。 ピアニストYさんの話から始まった今回の展覧会企画は、千葉の我孫子野外美術展が始まりとも言える。 オーストリアでは今年が日本紹介年とかで、同じ時期にグラーツ市では、規模の大きな日本現代美術展が 開催中と聞いた。とにかく市民レベルでの現地制作美術展が、地元のサポート、画廊の努力もあって、立派に開催された。11日のオープニングにはウイーンか ら多くの オーストリア美術家、地元メードリングの愛好家、自治体の文化担当者、政府の文化担当者も参加しての 暖かなセレモニーが行われた。

アカデ画廊はベートーベンハウス(ここの2階にベートーベンが住んでいた)にあり、江上弘の夫 人で ありピアニストのユミコさんが、記念館の当時のピアノ(本物は博物館)で小コンサートをした、その後、 本多真理子さんの作品への一般参加セレモニーがあった。赤い糸を張りめぐらしたインスタレーション作品。 広田美穂さんは、ビデオ上映と外の庭のインスタレーション作品で、両手の閉じた手を「どっち?」と問う、 地元の住人へのパフォーマンスを映像化した作品。池澤孝はシルクスクリーンの版を壁に並べたものや、 お茶菓子を壁にインスタレーションした作品。江上弘は枯れた木に泥を塗って、外にインスタレーション したドナウ川をイメージした作品。木村勝明は宿舎のあった町Perchtoldsdorfに偶然遭遇した聖体祭の 町並みに並んだ枝をいただいての、インスタレーション作品だった。

画廊の企画に参画して、今回の日本人作家を全面的にサポートしてくれたステファンとビリギッテ さんへ 心からの挨拶を送りたい。またワイン畑がたくさんあって、ホイリゲという新ワインを飲ませる多くの居酒屋、 中世の教会など、ウイーン郊外の山すその町に心から感謝し、展覧会の制作のみならず、得難い体験をさせてもらった「自然・歴史と共同体」というようなその 全体へダンケシェーン。そしてアフビーダゼン!と 心から言いたい心境である。

(文 責・木村勝明)
TARACNINE http://homepage.mac.com/gak_m/tarachine/
広田さんの芝生でのインスタレー ション 小さな袋には両手の 「どっち?」というポーズの写真が 貼ってある、 画廊でのビデオ上映と関連する 展示だった。
制作中の本多さん、 ここは画廊の横の通路で、 ベートーベンハウスのパブリック な場所古い建造物を使って の作品だった。
ペーチェフスドルフの村の広場 (泊まった村)
オープニングパーティーを2階から
べートーベンの部屋(質素な生活だった・当時を復元してある)
ペーチェフスドルフの教会内部 (聖体祭でシラカバの木がいっぱい立ててあった)
教会(1400年代の建立・ゴシック様式)の前は松の林で、どこ か東洋を思わせた
江上さんの枯木のインスタレーション
ユミコさんのベートベンの部屋での小コンサート (当時と同じピアノだが本物では無い)
オープニングセレモニーで並ぶ出品者 (向かって右から、江上、木村、池澤、本多、広田)
壁が池澤さんの作品
オープニングセレモニーの司会始まる (向かって右から、画廊のヘルガさん、キュレターのクナックさん、 自治体の文化担当者)
木村のインスタレーション、ペーチェフスドルフの聖体祭に 道沿いに並べられた枝をもらって制作 「ペーチェフスドルフの贈り物」