第75回

日本アンデパンダン展

会 期

2022年 3月23日(水)~4月4日(月)(休館日 3/29火曜日)

10:00-18:00 ご入場は30分前まで  (最終日午後2時閉館・ご入場は1時間前まで)

会 場

国立新美術館(六本木)1階展示室 1A・1B・1C・1D

〒106-8558 東京都港区 六本木7-22-2 Tel 03-6812-9921
→ご来館のお客様へのお願い

作品公募  [自由出品非審査]

搬入日 : 3月19日(土)、20日(日) 10:30-16:00 
入場料

一般・大学生・・・・・・・・・・・・・・・・・700円
65歳以上・高校生・・・・・・・・・・・・・・・400円
中学生以下・70歳以上・障害者と付き添い人1人・・無料
美術館企画展示半券持参者
一般・大学生・・400円      65歳以上・高校生・ 200円

pdf-B1.png 要項  pdf-B1.png 申込書

→資料請求はこちらからどうぞ

第75回日本アンデパンダン展YouTube

1室2室        https://youtu.be/7tLwHV0KVAo
3室             https://youtu.be/11c2fbjcEaY
4室5室6室    https://youtu.be/-5_7QohrGE0
7室8室        https://youtu.be/2J3Wzp85rdI
9室            https://youtu.be/V7sTpRbV1dc
10室11室12室https://youtu.be/MhADOdDNIa0
13室14室15室https://youtu.be/FxDgm1XcKAg
16室17室18室https://youtu.be/edkhgVwiE60
アートフォーラムhttps://youtu.be/gqBP4fIPzXI
民美紹介、フクシマ支援https://youtu.be/syLWhHU7dAI

<アンデパンダンとは>
自立・独立を意味する言葉で、アンデパンダン展は自由な創作発表の場として近年改めて注目されています。 あらゆる権威から独立し、何よりも美術を創ろうとする人一人一人の創造性、個性、人間性の発揮と批判精神を大切にしています。
<出品できる作品>
絵画等平面、彫刻等立体、工芸、CG(写真は出品できません)墨象(書ならびに文字による作品は出品できません)、インスタレーション、パォーマンス(映像含む)等の美術作品 
<出品料は安い>
青年割引有
一点出品者は12,000円
二点出品者は17,000円
三点以上は一点につき9,000円
35歳以下は
青年割引で    二点まで9,000円
25歳以下は 二点まで6,000円
<出品方法は> 事前申し込み!
◆出品ご希望の方は 2月18日(金)までに「出品申込書」を郵送又はメールにて送付、出品料は払込取扱票にて納付してください。WEB上からも申込めます
◆作品の搬入は
3月19日(土)  3月20日(日)
両日とも 10:30-16:00
第75回
日本アンデパンダン展
特設サイト
WEB上で
出品申し込み
(アートフォーラムも)
75_chirashi1.jpg
75_chirashi2.jpg
love &peace.jpg

「#文化・美術の灯を守ろう」

第75回日本アンデパンダン展を成功させるためアンデパンダン募金にご協力をお願いします。

コロナ禍のもとで文化・芸術活動が苦境に立たされ、多くのイベントや展覧会が中止に追い込まれてきました。73回のアンデパンダン展も搬入日前日に中止となり、それまでの準備のお金が多額の損失となりました。国からの損失補助制度もなく、やむを得ず出品者からの募金で補填することとなりました。74回のアンデパンダン展も、ひきつづくコロナ禍のもとで厳しい運営となり、前年の募金の残りで何とかきりぬけた次第です。
次回の75回アンデパンダン展を準備するにあたり、このままでは大幅な出品料の値上げをしなければならない事態もありますが、幅広い出品者を迎えるうえでも相応の値上げも困難な状態です。経費の倹約をし、出品者の拡大を進めることが基本的対応策であり、今後ともその努力を精一杯進めていくことにしておりますが、「文化・美術の灯を守る」ため、多くの皆様にもご協力いただきたくお願いする次第です。厳しい中ではございますが、何卒ご理解くださり、ご支援、ご協力いただけますようお願い申し上げます。
一口3000円(任意の金額でも結構です)で、何口でも結構です。
なお、ご協力いただけました方には記念品をお送りさせていただきます。
<ゆうちょ銀行での募金>
募金にご協力いただける方は、下記の払込取扱票にてご送金ください。
日本美術会 〒113-0034東京都文京区湯島2-4-4平和と労働センター9F
bokin.jpg